知って得する便秘薬の知識~スッキリ快調な生活を目指して~

基本を押さえよう

多種多様な便秘薬が登場していますが、大きく分けると主に2種類あります。腸を刺激して強制的に排便するタイプと、便の水分や量を増やして排便を起こさせるタイプです。目的や体質に合わせて最適な薬を選ぶようにしましょう。そのためには、まずは本的な情報を把握することが大切です。

便秘薬の注意点

根本治療ではありません

大前提として、便秘薬を服用しても便秘体質を改善することは難しいです。薬の排便作用は、一時的な効果となります。体質改善のための取り組みも行なうことが大切です。

自分に合った薬を選ぶ

腸のタイプによって最適な薬は変わります。腸の働きが弱い人は、腸を刺激する薬が適していますが、逆の場合は、症状を悪化させてしまうので気をつける必要があります。

痩身目的で使用しない

排便することによって、一時的に体重は減るかもしれません。しかし、それはあくまで便が出ただけに過ぎません。ダイエット目的で飲むことは危険ですのでやめましょう。

継続利用を避ける

慢性的な便秘に悩む人は、ついつい便秘薬を日常的に使用する習慣がついてしまうものです。しかし、薬は耐性がつきますので、効き目が弱くなってしまったり、薬なしでは排便ができなくなったりする可能性もあります。

専門家のアドバイスを参考にする

薬は正しく服用することが最も重要です。医師や薬剤師のアドバイスや指示を守って適切に利用していくようにしましょう。自己判断で薬を増減することなく、用法を守っていくことも大切です。

知って得する便秘薬の知識~スッキリ快調な生活を目指して~

栄養剤

サプリとの違いは?

便秘薬は、腸の中でたまっている便を排出するための薬で、即効性があるものが多いです。それに対してサプリメントは、あくまで排便を促しやすくるために、腸の働きを補助するような役割を担いますので、認識を間違わないようにしましょう。例えば、ビフィズス菌サプリは、善玉菌を増やしして腸内環境を整える効果が期待できます。対処療法となる便秘薬とは異なり、毎日摂取することが大切になるのです。

上手に活用しよう

便秘薬は副作用などもありますので、サプリや漢方、お茶など有益なアイテムと組み合わせながら体質改善を行なうことを同時に進めていくといいでしょう。ただし、症状や体質などによっては飲み合わせが良くない場合もあります。医師や薬剤師に相談しながら利用することが推奨されます。

日常生活を見直す

根本的な便秘改善のためには、生活習慣を改めることも重要です。ストレスのない生活を心がけ、規則正しいリズムで毎日を送ることを目指しましょう。栄養バランスの良い食事と、水分摂取にも気をつける必要があります。

広告募集中